Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< LT&自作ウィリー | main | 沖釣りBOOK >>

ロッド調子と自作ウィリー

2008.04.27 Sunday
出船時は、雨で江ノ島が霞んでます。

 江ノ島

腰越沖のポイントへ到着!!

 NEWロッド
日付:4/27
時間:6:30-13:30
場所:腰越沖
潮汐:小潮
潮色:濁り
潮時:上げ〜満潮〜下げ
風  :弱風
釣果:サバ9尾、アジ11尾、フグ1尾 イワシ4尾
仕掛:ウィリー4本針(グレ5号)

前半は、アタリが有るのに針掛かりしない。
水際で、鯵のバラシが多過ぎました…。
針(カエシ)が魚の口を貫通していない??

「今回、ロッドは6:4調子、今まで(7:3調子)よりも柔らかい!!」
 LEADING-XA64 Type2

ポイントへ移動中に…
形状記憶テンビンL型(1.0-50) → 船テンビンK型(1.2-25)
夢の天秤 上州屋オリジナル
 YAMASHITA LT用

そしてクッションゴムを取り外す。
ロッド全体で魚のパワーを往なす(半減)ので
クッションゴムは、不要でした。

またロッドの6:4調子は、シャクリ上げのパワーも往なすので
思った程にウィリーは、動いて(踊って)いない!?
コマセも出ていない!?

 サニー(ライトFL&ちびライト)35号

ライトビシのコマセ放出口(上部)を全開にして
竿を脇に挟まず、肘に竿尻を当て大きくシャクリ上げる。
しかし、乱雑にシャクルと手前マツリします。

これでバラシが激減、手にダイレクトなアタリ、ロッドも大きく曲がって
魚とのやり取りも楽しくなってきました。
後半、ペースを持ち直した頃、沖揚がり時間でした(笑)

本日の釣果(船長からの心遣いで、アジ3尾を頂きました。
数の割りには、サイズが大きいので↓

 シンクに並べました

針を呑み込まれてリリース出来ずに、持ち帰りました↓

 シロサバフグ

毒は無いそうですが…。

今回、4本針の2.5Mと短くした仕掛を用意しました。
ライトタックルですが
あくまでも本命「鯛」を狙うウィリー・シャクリ釣りです。
今までとテンビンより下(仕掛)は変わらない。
全長を短く、針のサイズや数、ハリスの号数まで
小さくする必要は有りませんでした。
同船したベテランで常連の釣人との会話で気づきました。



↑応援クリック、お願いします!!
- | - | - | -

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.