Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 冬の気配 | main | 鳥山までには至らずも >>

鱸を食べてみよう…

2007.10.18 Thursday
本牧海づり施設へ行ってきました。

 セイゴサイズ

口元に青イソメが付いてます。
そして、側線付近に斑点を発見↓



成魚になっても斑点が消えなければ「タイリクスズキ」!?

日付:10/18
時間:6-18
場所:本牧
潮汐:小潮
潮色:澄み
潮時:下げ〜干潮〜上げ
風  :4M→7M
釣果:セイゴ8尾(リリース)、フッコ1尾(50cm)
仕掛:サビキ(8〜10号) フカセ(丸セイゴ13号)

先日と同じD-4ポイント
サバやソウダガツオは期待薄なので鱸狙い。
自分で魚を捌くようになってから
是非、捌き甲斐のあるスズキ(60cmUP)サイズを…

セイゴサイズは全てリリース↓

 このサイズばかり…

鱸が多くて他の魚種は逃げたのか?
サバ&ソウダガツオ狙いの周囲は沈黙が続く。

 本日の釣果

終日、セイゴが群れていました
タナは上から3〜4M位。
セイゴを避けて、底から2〜3M位でフッコを釣り上げました。

帰宅後、まな板のこの魚の生臭さや滑りは
過去の湾奥で釣り上げた魚と同じ。

 「洗い」で食べるのは初 

普通にわさび醤油でいただきました。
過去に感じた錆やプラスチック的な臭みもなく
とても美味しい。
先日のアジもタタキで食べたら美味しかった。
「生」が良いのか?
過去に臭みを感じた塩焼きやムニエルにした食べ方で
美味しかったら…
この違いは下処理!? 自己満足(笑)
- | - | - | -

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.