Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 今年初の運河シーバス釣行 | main | コマセ要らず!? >>

switch hitter

2007.06.07 Thursday
サッカー少年でしたが
更に幼少の頃…
少年野球時代はスッイチ・ヒッターでした(笑)
釣りを始めてからずっと〜
キャスティングは右投げ(ロッド)&右巻き(リール)
ロッドを右手で握る。
仕掛けやルアーが着底あるいは着水後に右手の人差指で
ベイルアームを寝かせる。
そして、左手にロッドを持ち替える。
しかし、ルアーフィッシングでは
長時間、持ち替えを繰り返す動作が
シンドイのです。

そこで、持ち替えない為に
何度か左手でリール巻きを練習したが
上手く出来ない。
リールを巻く為だけの右→左へのスイッチ?
気が乗らない。

スイッチはリールの巻き手ではなく
ストラクチャーを回避すべくポイントへ
左右投げ分け出来るロッドを振る手の方が重宝です。

理に適うと俄然と練習にも身が入る(笑)

まずオーバーヘッド・キャスティングならば
ロッドエンドを真直ぐに目標へ向けて振れば
アキュラシーの人為的ミスは少ない。

そして距離はどうか?
ラインを離す左手の人差指の加減が難しい。
今まではテイクバック(動作)で停止していたのが悪かった。
中段にロッドを構え、振りかぶってロッドがしなり
〜ルアーの重さを指に感じる一連の動作〜
人差指からラインを離すタイミングも掴み易くなった。
明るい時間帯、重いルアーから練習すると分かり易いです。
またリーダーも1ヒロから矢引き程度に短くし
ガイドに接触しない長さに変更しました。

体の向きを入れ替え、スイッチしてキャスト出来ることで
攻略の幅が広がった事は事実です。

- | - | - | -

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.