Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 荒川デイゲーム | main | 濡れ座布団 >>

クロダイ稚魚放流

2006.09.16 Saturday
様々な外敵から逃れ
立派な鋼色に育って欲しい。
水槽いっぱいの稚魚の群れは
釣人の矛盾した心中を焼き鍛える
強い鋼鉄にも似た大きな「塊」にも見えた。

yukakumaを誘い、am5:30自宅より出発。
2人揃っての本牧海づり施設は1年ぶりです。

自分用のコマセカゴを車内に忘れた。戻るも面倒。
コマセ無しのサビキ釣りに挑戦。ルアー感覚!?
始めてみれば1番乗りでイワシをゲット。
コマセ無しで効率は悪いがタナが合えば釣れます。
本日はちびっこイワシが多く、群れも小さくて隣近所も苦戦気味。
幸いにも小潮で流れは穏やかです。
オモリを軽くし微妙なアタリも逃しませんでした。

カタクチイワシ 3匹掛け

沖桟橋の投げ釣り仕掛にボラ、エイ
”エイには毒が有るから素手で触れちゃ駄目だ…”
渡桟橋のヘチ&フカセ仕掛けにメバル、カサゴ、クロダイ
少量ですが釣れていました。

今日はアジが駄目でサバの回遊が待ち遠しいと施設係員の声。
釣りは自然が相手とは言え、魚が釣れなければ
来場者から文句も言われたりするでしょう...切実。
今期はサバをメタルジグで釣ってみたい!

朝の回遊タイムが落ち着いた頃
am10:00「黒鯛稚魚放流」イベントに参加しました。
毎年行われる稚魚の放流会。参加費は無料、参加者に粗品有り。

稚魚の水槽。今回は3000匹放流です。

5cmの稚魚、1年で12cm程に成長。

「放流した稚魚が釣れた場合にはリリースして下さい」と
場内アナウンスが流れる。
何匹が成魚になり、また何匹がこの施設内で釣られるのだろう?
放流に携わり親心にも似た複雑な心境です。

pm12:00納竿、食堂(施設内)にて食事。
暑過ぎず寒過ぎない快適な気候と程よい釣果(イワシ30匹)に満足。
食堂に後から来た客人のカレーに魅了、次回はカレーライスを注文しよう。

pm1:00施設を後に自宅へ向かう。
首都高速から京浜運河の釣人達が見えた。
ハゼ釣りだろうか…?
- | - | - | -

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.