Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 塩加減 | main | 2009年 釣り納め >>

アマダイ ツ抜け

2009.12.01 Tuesday
今季初、アマダイ釣りへ行ってきました。

 江ノ島

久し振りの江ノ島
天候に恵まれ、とても綺麗に見えました。
*釣行データ*
日付:12/1(火)
船名:アマダイ 喜久丸28号船
料金:¥7,000 釣割(前日割)
席座:取舵・ミヨシ  
時間:6:30-13:10
潮汐:大潮(潮色/澄み)
水温:18.4度
場所:鎌倉沖65〜75M (指示タナ/底0〜1M)
天候:曇りのち晴れ(風/弱風)
釣果:アマダイ10尾、ヒメコダイ9尾、ガンゾウヒラメ6尾、クラカケトラギス1尾
   イトヨリダイ1尾
仕掛:2本針(ハナダイ13号)

本日のタックル(ライン2号・錘40号)↓
 シーボーグ150S・極鋭ギア

マルイカ釣り用に購入した「スピードシンカー40号」
落下速度が速く、コストパフォーマンスが良いです。

アマダイは底物です
砂泥地に穴を掘って住み、あまり移動しません
砂から顔を出して、上から落ちてくる餌を捕食しています。
流し釣りでは、徐々にポイントが変わる(移動する)ので
海底の起伏に合わせ、底タナをしっかりキープする必要が有ります
マメなタナの取り直しが、大切です!!

タナの取り直しは「誘い」「聞き合わせ」とも連動します
実際、釣果の大半は、タナの取り直し途中に
竿先にブルブルとアタリが出ました。

程よいペースで魚が釣れ
ヒメコダイやクラカケトラギスも、前年度よりサイズが良く
イトヨリダイは↓

 全長35cm

本日の釣果↓

 干物の素材へ

腰越港のアマダイ船は、錘60〜80号使用との事ですが
釣座の状況で、ライトタックルを使用出来た事
マメなロッドワークが、釣果にも繋がったと思います。

 釣割サイト

自家製干物レポートは、近日UP予定です。

- | - | - | -

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.